人気ブログランキング |

タグ:ロッドラック ( 1 ) タグの人気記事

UF-29Fの艤装その後・・・

進水式を土曜日に控えたこのUF-29・・・
a0132631_2233026.jpg

前回の記事で宿題になっていた、JETアンカーリールを付けて開かなくなったこのハッチ・・・
a0132631_224125.jpg
「前に開くように、前にヒンジを付ければいいじゃん!」って思いますが・・・
a0132631_2241311.jpg
ヒンジの付いてる側はハッチが被さる部分の船体側の逃げ幅が違うので・・・
a0132631_225094.jpg
前回の記事で”政造”さんからコメントでアドバイスも頂きましたが、耳が支えて、うまく開かないんです。
a0132631_2241311.jpg

で、たまりんが考えたのが、この【2軸ヒンジ】
a0132631_225133.jpg
どういう風に開くかと言うと、先ず、途中までは普通にロックを外してサイドを持ち上げ・・・
a0132631_22151211.jpg
ウインチに当たる前に今度はひねるように前向きに開きます!
a0132631_2215197.jpg
ほらね!ちゃんと開くでしょ!
a0132631_2214526.jpg
038.gif
もともと付いてたヒンジを利用して穴もそのままのビス穴に固定してるから、新たに船体に穴を開ける必要もありません!006.gif




もう一つの課題のこのスペース・・・
a0132631_2222412.jpg

じゃじゃじゃ~ん!
a0132631_2223361.jpg
造ったった!
たまりんオリジナルワンオフで! ロッド立てる前はこんな感じ・・・
a0132631_22244098.jpg
この商品の特徴は、市販品に無い段違い2列です。奥側の列のロッドの出し入れがし易くなってます。
他には壁側に付けたフック。
a0132631_22361072.jpg
電動リールのコード等をぶら下げちゃってください! 普通、ボートのキャビンにフックを取り付けて物をぶら下げると、ローリングやピッチングで物が擦れて、ボート側に扇状の筋が付きますが、フックのベースに狭い幅の板を付ける事により、厚み約10mmのクリアランスができて、筋が付きにくい・・・・・(予定!) ま、ダメなら壁にカーペットを貼るってことも視野に入れて・・・!


オーナーさんもこのブログをご覧頂いてますので、ここで取扱い説明を・・・!
先ず、長いショックコードを外して、おもむろにロッドを並べます。奥側のラックは天井のカーブに合わせて、少し手前に傾斜していますが、下側のショックコードが仮置きされたロッドが手前に倒れるのを押さえます。
a0132631_22365498.jpg

次にロッドをラックの窪みのところに合わせて、ショックコードを各ホックに縫うように固定していきます。
a0132631_22432444.jpg
最後にショックコードの端をホックに固定するだけ!
a0132631_22442814.jpg
ロッドの数が少ない時は、ショックコードが緩くなるので、下側のホックへ・・・  黄色い細いロープはショックコードをホックから外しやすくするために付けてみました!

手前側も同様に・・・
a0132631_22464784.jpg


他にも、オリジナル艤装がありますが、またの機会にご紹介しますね!001.gif




        ボート・船外機販売・修理/ボート免許教室・更新講習受付
         マリンのことなら、免許取得から販売・アフター・保管まで


              高知市五台山タナスカ 4984  TEL 050-3308-5606
               太平洋マリン   http://www.taiheiyomarine.com/

by ta-marine | 2013-10-31 22:47 | 艤装 | Comments(2)